都市への人口回帰現象

新中間階層をはじめとしたジェントリファイアーに
とって,建造環境を再構築することは労働者階級の象徴である景観を刷新する
ことにつながり(Mills;1991),「彼らにとっては,住宅を所有することより
も,どのように見られるかという点においてスタイリッシュであることが重要
である」,(藤塚;1994)。このようなジェントリファイアーの居住空間選好やイ
ンナーシティにおける生活様式,社会的・文化活動などの魅力に重点をおいた
研究にはホッジ(Hodge;1981),スミス(Smith;1987b),ハムネット(Ham
nett;1991)マクドウェル(1997)などがあげられる。また,ネルソン
(Nelson;1988)は経済学の立場から,ジェントリフィケーションを都市内人
口移動との関係から捉えようとし,都市内部への居住空間選好について検討し
た。

更に詳しく調べるなら、家 高く売る ←こちらがお勧めです。

また,ブリッジ(Bridge;1994)はジェントリフィケーションの見方と
して,居住地と住居の関係と同様に職業と就業地の関係も分析する必要を主張
している。

ジェントリフィケーションについて従来の数多くの研究では,その功罪の両
側面が指摘されている。「功」の側面では,都心地域の衰退に対する再活性化
策としての評価であり,もうひとつの「罪」の側面では,当現象がもたらす立
ち退き(強制移住的,displacement)の問題である。前者については,ジェ
ントリフィケーションが必ずしも地域再活性化に結びついていないとの批判も
ある(Lang;1986)が,都市への人口回帰現象として都市居住の再評価
(Gale;1979,VanWeesep;1994)につながる点において積極的にプラスの
評価がされる。藤塚(1994)は公共ではなく民間の自発的更新であるジェント
リフィケーションが地方の行政担当者から歓迎されたことを紹介した。またハ
ウジングとの関連からみると,シューラーほか(Schuleretc;1992),レイ
(Ley;1994)は,ジェントリフィケーションが価値ある建築様式をもった歴
史的建造環境の住宅地域などに散在的に発現することを明らかにした。

EA007_L

Comments are closed.