転勤にともなう引っ越し

転居前の生活との連続性を確保するように居住空間を自分らしく装飾することですが、これとは逆に、新しい環境でそこを新たに自分に合わせて個性化することもまた、適応に有意義であることが知られています。すなわち、空間の個性化によって新たな人間関係を形成するというものです。その例は高齢者が転居先で居住環境を自己表現に利用することで、転居先の住民に好ましいイメージを与え、新たな人間関係を形成し適応する可能性について論じた議論の中にみることができます。このように居住環境や住まいの個性化は転居前の生活すなわち自己との連続性の維持という点で、また、逆に新たな人間関係の形成という点で、転居に伴うストレスを軽減することがわかります。転居は現代人にとってその生涯で何度か経験するものですし、とくにサラリーマン家庭では父親の転勤にともなう引っ越しは避けられない問題です。また、東京のようなさまざまな都市問題をかかえる地域に住む住民にとっては住みよい郊外への引っ越しは願望でもあります。また、私たちの社会の高齢化を考えるときに重要なのは高齢者にとっての転居の影響です。転居やリフォームを機に家具について再考してみるのも良いかもしれません。壁面収納を選択肢に入れてみましょう。←こちらのサイトからは、不動産関連情報をたくさん見られます。
子供が親の世話と仕事を両立させようとすればどうしても親が現在の居住地から離れざるをえなくなることがでてきます。ところがこの高齢になってからの転居が現在大きな問題となっている老年性の痴呆の悪化をもたらすという報告をしばしば耳にします。この場合リーバーマンのいうように、高齢者に転居が悪影響を及ぼすのはその多くが高齢者の望んだ転居ではないということにあるのかもしれません。


EZ173_L

Comments are closed.