個性化の方法はなんでもよい

このように、さまざまなものを通して家を自分らしく個性的にすることは、住む人を精神的に安定させることがわかっています。では、どういったことをすればよいのでしょうか。個性の表現といってもさまざまあります。この点については何でもよいようです。これまで述べた例からもわかるように、写真やポスターのようなものから、屋根の色や家全体の造りまで、とくにこれでなくてはならないといったものはないようです。学生の場合などは、自分らしくするために、部屋に好きな音楽を流したり、あえて部屋を乱雑にするといったことまであります。重要なことは、それがあくまでその人の趣味や価値観、性格を表すものや個人の生活に深く関わってきたものであるということです。業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は←こちらからどうぞ。他人に自分の偉さを誇示するようにいくら立派な門構えをつくっても、それが住んでいる人の趣味とまったくかけ離れているような場合には、何の意味もないばかりか、かえってマイナスの効果さえ生みかねないでしょう。

家具の固定方法について、改めて点検してみましょう。確かに引っ越しはそのためには絶好の機会ではありますが、時には家族の歴史・前の家での生活が染み付いた家具をもって行くのも大切でしょう。一つの古時計が語ってくれる家族の思い出とそれがもたらしてくれるやすらぎの意義はストレスに満ちた転居直後の時期にこそはっきりするのかもしれません。

EZ186_L

Comments are closed.