家の画一化

たしかに家の画一化はある面では技術の進歩の結果でもあるわけです。冷暖房・除湿技術の進歩が、風通しのためにプライバシーの保護を犠牲にせざるを得なかった造りを、プライバシーも保護され除湿・冷暖房も可能な家にしたように、家の造りを規定する要因から自然環境条件が取り除かれた結果でもあります。しかし大量生産、コストダウンなどの経済的要請が画一化を押し進めたという側面や、住まいそのものに対する考え方によることの方が多いように思われます。家を自分の好みにあわせて造り変えるというのはそれが持ち家ならば可能ですが賃貸住宅ではそうもいかないという意見もあります。しかし住まいによる自己表現は何も建物全体でしかできないものではありません。部屋の中だけでも可能です。したがって壁紙や棚、飾りつけの制限はできるだけ少なくしたいものです。その意味では最近の公団住宅にあらわれた、内装や間仕切が居住者の自由になる「フリープラン賃貸住宅」は注目に値する形態かもしれません。ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。
・庭をなくした家
最近の家、なかでも都市部やその周辺などでみかける建て売り住宅では、庭がないか、あっても極めて狭いものが多いように思えます。こうした地域では地価がかなり高いので庶民の手に入る価格では仕方がないのかもしれませんが、そうした家が壁をくっつけるように密集しているのをみると、せっかくの一戸建ても集合住宅と差がないように思えてなりません。こうした庭空間を欠いた最近の住宅づくりは家の非個性化をさらに押し進めるように思えます。農家の場合も都市の住宅でも、庭は交流の場として重要な意義をもっているだけでなく、住む人の趣味がよく表される空間でもあります。また庭と家を繋ぐ縁側の空間も、非日常的な場面では特別の使い方をするように、多様な機能をもつ空間でした。

EZ157_L

個性をなくした現代の家づくり

ではこうした考え方から我が国の住まいの状況を考えてみるとどうでしょうか。

・住む人も自分の家が分からなくなるような、同じ顔の家、家、家
大都市周辺のベッドタウンでは、ちょっと出歩いてみるだけで建て売り住宅の建設場面に出会います。そしてそのような団地やニュータウンで似たようなデザインの家が建ち並んだ風景に違和感を感じたことのある人は多いのではないでしょうか。何もそこまで同じにしなくても、と思いたくなるほどその形が同じである建て売り住宅はめずらしくありません。集合住宅にしてもすべての棟が同じような高さと住戸数、外観で立ち並んでいます。また、個性というのをもう少し大きな集団で考えてみた場合も同じです。かってはその土地々々で特徴のある家並みが並んでいたものです。地震列島日本では建物を建てる時、必ず地震を見越した設計をする。各種不動産知識は、マンション 売る 貸す ←こちらをご覧ください。筆者も大学受験で新幹線の車窓から初めて豊橋の町を眺めたとき、自分の住んでいた土地と全く違った、黒い瓦が密集して黒ずんだ風景に新鮮な驚きを感じたことを覚えています。家は屋外の自然環境から住む人を守るものですから、その土地の気候風土によって家の構造は違ってくるのは当然です。したがって、南北に広がる国土をもつ我が国でも、かっては地方ごとに特有な家並みがみられ、それが旅情をそそりもしたし、逆に離れた土地に住む者が故郷でそうした風景に出会ったときには「帰ってきた」という実感をうんだりもしたのです。しかし今はどうでしょうか。日本中どこへいっても同じ造りの家が目に入ります。

EZ196_L

個性化の方法はなんでもよい

このように、さまざまなものを通して家を自分らしく個性的にすることは、住む人を精神的に安定させることがわかっています。では、どういったことをすればよいのでしょうか。個性の表現といってもさまざまあります。この点については何でもよいようです。これまで述べた例からもわかるように、写真やポスターのようなものから、屋根の色や家全体の造りまで、とくにこれでなくてはならないといったものはないようです。学生の場合などは、自分らしくするために、部屋に好きな音楽を流したり、あえて部屋を乱雑にするといったことまであります。重要なことは、それがあくまでその人の趣味や価値観、性格を表すものや個人の生活に深く関わってきたものであるということです。業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は家 高く売る ←こちらからどうぞ。他人に自分の偉さを誇示するようにいくら立派な門構えをつくっても、それが住んでいる人の趣味とまったくかけ離れているような場合には、何の意味もないばかりか、かえってマイナスの効果さえ生みかねないでしょう。

EZ186_L

転勤にともなう引っ越し

転居前の生活との連続性を確保するように居住空間を自分らしく装飾することですが、これとは逆に、新しい環境でそこを新たに自分に合わせて個性化することもまた、適応に有意義であることが知られています。すなわち、空間の個性化によって新たな人間関係を形成するというものです。その例は高齢者が転居先で居住環境を自己表現に利用することで、転居先の住民に好ましいイメージを与え、新たな人間関係を形成し適応する可能性について論じた議論の中にみることができます。このように居住環境や住まいの個性化は転居前の生活すなわち自己との連続性の維持という点で、また、逆に新たな人間関係の形成という点で、転居に伴うストレスを軽減することがわかります。転居は現代人にとってその生涯で何度か経験するものですし、とくにサラリーマン家庭では父親の転勤にともなう引っ越しは避けられない問題です。また、東京のようなさまざまな都市問題をかかえる地域に住む住民にとっては住みよい郊外への引っ越しは願望でもあります。また、私たちの社会の高齢化を考えるときに重要なのは高齢者にとっての転居の影響です。転居やリフォームを機に家具について再考してみるのも良いかもしれません。壁面収納を選択肢に入れてみましょう。一戸建て 売れない ←こちらのサイトからは、不動産関連情報をたくさん見られます。
子供が親の世話と仕事を両立させようとすればどうしても親が現在の居住地から離れざるをえなくなることがでてきます。ところがこの高齢になってからの転居が現在大きな問題となっている老年性の痴呆の悪化をもたらすという報告をしばしば耳にします。この場合リーバーマンのいうように、高齢者に転居が悪影響を及ぼすのはその多くが高齢者の望んだ転居ではないということにあるのかもしれません。


EZ173_L

引っ越しによるストレス

一個の古時計が引っ越しによるストレスを防ぐこともある引っ越しはしばしばそれまでの人間関係が途切れることを含みます。そのため、従来の心理学では転居の問題はこうした方面から考えられてきました。しかし、引っ越しはそれまで住んでいた家や土地から離れることですから、心理的に強く結びついた場所から離れることでもあります。その意味では自己同一性に深く結びついた事物(家や家具)との関係が途切れることでもあります。その結果、転居がストレスを生むことにもなります。ある調査では引っ越しの多い人ほど自分の心理的健康に自信がなく、活力も低く評価していることが示されています。こうした転居ストレスに対して、気に入った家具や自分との関連の深い物が転居先に到着することがストレス軽減効果をもつことが外国の調査で報告されています。同じように、以前の生活との連続性を家具などの物で維持することの適応的意義もいわれています。

あるいは災害によって仮設住宅などに住まざるをえなくなったような場合にもそうした家具などが重要な役割を果たすようです。京都大学の研究によれば、雲仙普賢岳の被災者で仮設住宅に入っている人のウち、新しい環境への適応がよかった人は、被災前から使っていた家財を持ち込んでいる人たちでした。これなども、自分の生活史を刻み込んだ家財で家を飾ることの積極的な意義を示すものといえるのではないでしょうか。私たちは引っ越しを機会に古い物を捨てることがよくあります。家具の固定方法について、改めて点検してみましょう。←こちらのサイトからたくさんの間取りや構造などを見られます。確かに引っ越しはそのためには絶好の機会ではありますが、時には家族の歴史・前の家での生活が染み付いた家具をもって行くのも大切でしょう。一つの古時計が語ってくれる家族の思い出とそれがもたらしてくれるやすらぎの意義はストレスに満ちた転居直後の時期にこそはっきりするのかもしれません。

EZ180_L